ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 蒼天に駆ける運命」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2chの本スレによると、オンライン通販で「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌(レクイエム)」の予約受付が開始された模様。

ゲームスター(現時点では、この1店舗のみ)

下記に記載している文章は、上記URLの商品詳細より抜粋。

※ゲームスターの商品詳細に誤字が多かったため、色々と修正&改訂してまとめました。

【BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌 商品紹介】

■新しくなったWi-Fi通信機能
①連戦機能=再度マッチングをせずに、同じプレイヤーと連戦する事が可能。
②伝言機能=フレンドにメッセージを送る事が出来る(フレンドコードを交換した相手のみ)
③イベント機能=オンラインイベントや、スペシャルデータの配布を実現。
④エンブレム作成機能=独自の「隊長アイコン」を作成する事が出来る。

■前作のストーリーモードを進化させた「シチュエーションバトル」
※今回の舞台は「藍染の反逆から数日経った尸魂界」
①巨大虚、無数の敵との戦闘。
②戦闘以外の面白イベントもあり。
③シナリオと共に、バトルが様々に変化する。
④新たなる「謎の敵」も存在する模様。
⑤原作者「久保帯人」監修によるオリジナルストーリー。

■新キャラクター・システム
①キャラクター数は、前作を遥かに超える人数。
(前作は「26人」。つまり26人以上のキャラが参戦予定?ちなみに体験会では「28人」のキャラ枠があった)
②旧キャラクター達も、新たな技を習得したりと、進化を遂げている。
③「卍解アニメーション」がリニューアル。
④新霊符「霊珠」=常時発動型の装備品。
⑤新霊符システム「フレーム」=霊符と「霊珠」を装備する時の限界数の枠。

■定価と発売日
定価は税込み「5229円」
発売日は、情報通り「2007年2月15日」に発売予定。

公式サイト
スポンサーサイト
このキャラ選択画面は、神ID「ZwWKQy7H0」さんが公開して頂いた画像。
目に焼き写す様に、閲覧すると吉。
キャラ選択画面
卍解「龍紋鬼灯丸(りゅうもんほおずきまる)」
更に、次回作に参戦予定の「斑目一角」の画像もUPされて頂いた。

画像は、卍解「龍紋鬼灯丸(りゅうもんほおずきまる)」
上半身裸がミソ。
(画像が、ぼやけているのは仕様です。。)

次回作「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌」の体験レポートまとめ。

【システム】

「体感速度」
■全体的にスピード感がUP。
■体験者曰く、前作のゲームスピードの「1,1倍」

「ラインの有無」
■戦闘前のルールエディット画面で「1ライン」or「2ライン」を選択する事が可能。

「ライン移動」
■今までの体験会では、移動ラインに敵が居ないとライン移動が遅くなり、逆に移動ラインに敵が居るとライン移動が速くなっていた。
■しかし、今回の体験会では、移動ラインに敵が居る居ないに関係なく素早くライン移動する事が出来る。
(つまり、前作同様「ライン逃げ」の戦法が流行してしまうのかもしれません)
■更に、霊力ゲージが減少しない。
■空中でもライン移動が可能。
■ライン移動が完全に終了するまでに攻撃を受けると、元のラインに戻される。

「投げ」
■ダウン中の相手が起き上がった所に、「投げ」を決める事が出来なくなった。
(「投げハメ」の無効化)

「空中投げ」
「エリアル始動技→空中投げ」に繋ぐ事が可能。(後日、不可能だという事が発覚。)
■しかし、エリアルの締めには使用できない。
■「空中投げ」後、追い討ちが不可能。

【使用可能キャラ一覧】
■体験会で使用が出来たキャラは全部で28人(内6人が?マーク)
■?マークは、条件を解除するごとに使用できるキャラクターが増加していく。
(ので、後々新キャラクターの発覚があるかもしれません。)

【新キャラクター】

「檜佐木修平」
■体術キャラクター(斬魄刀を所持していない。体験者曰く、スト3の「ユン」のようなイメージ。動きが「ゆったり」している)
■攻撃モーションのグラフィックが滑らか。
■J小攻撃が遅め(但し、チェーンさせる事は可能)
■空中で使用できる必殺技が無い(エリアルの締めは、J大?)

【必殺技】
■体験者曰く、「中国拳法風の突拳や跳び蹴り」が主体。
■その他にも、相手を燃やす「毒霧」の様な範囲攻撃が可能。

【超必殺技】
■超必A(ゲージ1)=自分を強化する(効果は不明)
■超必B(ゲージ3)=必殺技にある「毒霧」を全方位に放つ。

「吉良イヅル」
■投げ+当て身(カウンター)キャラ。
■地上の移動性能=「浮竹十四郎」並に、動きが遅い。
■通常攻撃は斬魄刀で攻撃(リーチが長い)

【超必殺技】
■超必A・B(ゲージ1)=共に投げ技。効果範囲は、投げ判定と同じ。
■超必C(ゲージ3)=始解。「面(おもて)を上げろ侘助(わびすけ)」。技を受けた相手は頭(こうべ)を垂れる(この間に、追い討ちする事が可能)

「斑目一角」

【超必殺技】
■超必B(ゲージ3)=卍解「龍紋鬼灯丸(りゅうもんほおずきまる)」
■体験者曰く、「黒崎一護」の卍解「天鎖斬月(てんさざんげつ)」と似たような性能。
(ガードする事により、回避する事が可能。)

「松本乱菊」
■CMのグラフィックのみ(後日、詳細が明らかに?)

【旧キャラクターの変更点】

石田雨竜

【性能】
■立小、J小がチェーン出来なくなった(2発目以降は、自動で「矢」になる。2Hitで終了する)
■通常攻撃の弓の「3本矢」→「上段1本」に変更(背の低いキャラにはHitしなくなった)

【必殺技】
■必B「かがり縫い」のライン間攻撃が不可能になった(別ラインに矢を降らせる事が出来ない)

砕蜂
■必D「逃さん!」、超必B「処刑演武」(通称「忍者」)の性能が変化。
(本体(=砕蜂)が攻撃を受けると、技が終了するように変更された。)

更木剣八
■全ての通常攻撃(立小・中・大、履小・中・大、J小・中・大)のモーションが変更。
(体験者曰く、「更木剣八」は全体的に「力強い」グラフィックに変更されている。)
■それに伴い、必殺技のグラフィックも変更されている(性能自体は前作と同じ)
■タッチパネルを利用しての、必A「いつまでそっちを見てやがる」×Nが不可能になった(通称「ワープ連打」)

草鹿やちる

【性能】
■立小のチェーン性能が大幅ダウン。
■防御力が通常以下(背が低く、当たり判定が狭いための処置?)
■立ガードに上段・下段の区別が付いた。

【必殺技】
■→↓→
斜め上に回転しながら突撃(対空技?)

■←↓→
斬魄刀をフルスイングする(「溜め」が可能)
技を受けた相手は、斜め上に浮かされる。

【超必殺技】
■「前方に回転しながら突撃」する技を追加。

2ちゃんねるに書き込んでくださった、
神ID=「/RkgkbE3O」「+OgjcowhO」「eq1bDLD2O」「I4/ak7CR0」「+eeWmrXa0」さん方、体験レポートお疲れ様です<(_ _)>

■過去の体験レポート
「ジャンプスーパーゲームツアー2006」体験レポート①
「ジャンプスーパーゲームツアー2006」体験レポート②
「東京ゲームショウ2006」体験レポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。