ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 蒼天に駆ける運命」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朽木ルキア(技)
朽木ルキア(性能/画像)

■空中コンボ(エリアル)

①-①
履大→J小×N→J中→(Jキャンセル)J小×N→J中→必A「蒼火墜」小

最大 25Hit 43ダメージ

①-②瞬歩を挟む場合
履大→J小×N→J中→(Jキャンセル)J小×N→J中→[(上瞬歩)J小×2→J中]×霊力中枠→
必A「蒼火墜」小

最大 34Hit 53ダメージ(①-①より最大10ダメージ増加)

②-①
エリアル①-①(締め=必D「跳び膝蹴り」RF)→
(壁バウンド後、間合いにより空中ダッシュ)必A「蒼火墜」小or超必A「飛燕連哭」(DC不可)

最大 29Hit 56ダメージ(締め=必A「蒼火墜」)
最大 42Hit 74ダメージ(締め=超必A「飛燕連哭」)

②-②最大ダメージ狙い(相手の背後に1~5キャラ分の空間)
エリアル①-②(締め=必A「蒼火墜」RF)→必D「跳び膝蹴り」RF→
(壁バウンド後、着地後)超必B「袖白雪」(DC不可)

最大約 70Hit 153ダメージ(霊圧3消費、霊力外枠2消費)

■基本コンボ

①-①密着状態
立小→立中→立大→必A「蒼火墜」中

最大 21Hit 33ダメージ

①-②
立小→立中→立大→必B「白雷」小

最大 8Hit 20ダメージ

②斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(簡易版、対:背の低いキャラ)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J大→[ダッシュ立小→立中→立大→(斜め上瞬歩)J大]×霊力中枠→
ダッシュ立小→立中→履大→エリアル①-①or②-①

最大 38Hit 65ダメージ(締め=エリアル①-①)

③必C「塞」を組み込むコンボ(相手の背後に7キャラ分の空間)
立小→立中→必D「跳び膝蹴り」RF→(壁バウンド後)必C「塞」小→
[(ダッシュ+横瞬歩で相手の裏に回って)立小→立中→必D「跳び膝蹴り」RF→
(壁バウンド後)必C「塞」小]×霊力外枠→立小→立中→履大→エリアル①-①

最大約 48Hit 87ダメージ

■永久コンボ

①高難易度
ダッシュ立小×N
スポンサーサイト
朽木ルキア(技)
朽木ルキア(コンボ)

【ルキアVS一護(修行)】 【始解「袖白雪(そでのしらゆき」】
ルキアVS一護(修行)始解「袖白雪(そでのしらゆき」

■性能
背が低く、「破道」「縛道」なる霊術を使用した攻撃が可能。
牽制技が多く、接近してからのコンボの組み合わせ方も豊富。
移動速度、瞬歩距離は平均的。

■ダメージ表
投げ=1+麻痺効果
立小=4、立中=6、立大=8
履小=4、履中=7(2Hit)、履大=8+エリアル始動技
J小=4、J中=6、J大=7

■戦術
距離によって色々な戦法が取れる。
遠距離からは(空中)必A「蒼火墜」、中距離からは必B「白雷」小orRF、近距離からは「立中」
特に「立中」は1キャラ分移動してから攻撃を繰り出すので、「履大」(エリアル始動技)のリーチが短い「朽木ルキア」にとっては重宝する技。

空中では「J大」のリーチが斜め下に広く、使いやすい。
斜め上瞬歩で、空中攻撃をチェーンさせる場合は「J大」のみを繋げると安定する。

エリアル時は、締めに必D「跳び膝蹴り」RFを使用すると相手を「壁バウンド」させる事が出来る。
壁バウンド後、多種多様な追撃が可能。

必C「塞」はコンボに組み込む時以外は使用しない。

■対:朽木ルキア
使用キャラによっては、相手の背の低さがネックになる事がある。
履状態の「朽木ルキア」には、立ち攻撃がHitしない事もしばしば。
故に、履攻撃を主体にして戦う必要制が出てくる。
相手が履ガードで固まるようであれば、中段崩しを狙う。
但し、背が低いので、低めに中段を当てる必要がある。

■【ここだけの話】朽木ルキア【裏の顔】
必A「蒼火墜」、超必B「袖白雪」など性能の高い技が揃っている。
必A「蒼火墜」は空中で出すと隙が無く、当たり判定が見た目以上に大きいので当たりやすい。
超必B「袖白雪」はGCで繰り出すと、DC不可能技に化ける。
使用は程々にしておくと吉。
朽木ルキア(性能/画像)
朽木ルキア(コンボ)

【必殺技】

■必A「蒼火墜(そうかつい)」 地上 空中 ↓→

飛び道具系
前方に火の玉を飛ばす
火の玉は相手に触れるか、地面に当たると爆発し、後方に拡散する
拡散した火にも攻撃判定があり、拡散距離も広い
基本的に弾速が遅く、硬直時間も長いので空中で使用するのが基本
エリアルの締めにも使用するが、必D「跳び膝蹴り」RF、超必A「飛燕連哭」と使い分ける必要がある
飛び道具としてはダメージ量が多い
小、中、RF 共に硬直が長い

リーチ:小=8キャラ分、中=RF=9キャラ分
弾速:小=遅い、中=RF=やや早い
空中使用時方向:小=斜め下より上目、中=斜め下、RF=斜め下、斜め下より下目、真下の3方向
多段Hitする

小=中=最大 18Hit 18ダメージ
RF=(最大 27Hit 29ダメージ)3方向に火の玉を飛ばす

■必B「白雷(びゃくらい)」 地上 ←↓→

前方に雷を出す
出が早く、相手に当たりやすいがダメージ量は低い

リーチ:小=中=4キャラ半、RF=ステージ半(5キャラ分)縦に範囲が広い
貫通性能あり

小=(最大 5Hit 4ダメージ)下に弧を描くように雷を出す
中=(最大 6Hit 5ダメージ)上に弧を描くように雷を出す。地上にいる相手には当たり難く、対空技として使用する
RF=(最大 15Hit 13ダメージ)硬直が長い。小、中と同じ2方向+前方に上下する雷を出す(計3発)

■必C「塞(さい)」 地上 →↓→

飛び道具系
相手を麻痺させる「縛道」を飛ばす
麻痺状態の相手に当てるとダウンさせる(コンボ補正で 1Hit 0ダメージとなる)
小、中、RF 共に出が遅く、硬直も長い
故に、相手にはまず当たらない
が、この技を組み込めるコンボも存在するので利用価値は無い事もない

リーチ:小=中=4キャラ分、RF=最端(10キャラ分)
麻痺時間:小=中=2秒、RF=3秒

小=中=RF= 1Hit 1ダメージで均一

■必D「跳び膝蹴り(とびひざげり)」 地上 空中 ↓↑

跳び膝蹴りを繰り出す
技を喰らった相手はダウンする(RFは相手を壁際に吹き飛ばす)
RFはエリアルの締めにも使用する
有沢たつき」の必A「真空飛び膝蹴り」と同性能の技

跳び膝蹴りの方向:小=真上、中=斜め上、RF=斜め上前方

小=中= 1Hit 8ダメージで均一
RF=(最大 4Hit 15ダメージ)壁バウンド後、追撃が可能

【超必殺技】

■超必A「飛燕連哭(ひえんれんこく)」 地上 空中 ↓→↓→

飛び道具系
必B「白雷」と必A「蒼火墜」を続けて繰り出す
「白雷」と「蒼火墜」はそれぞれ前方5方向に飛ぶ(強化版)
空中使用時は斜め下に飛ばす
エリアルの締めにも使用する

リーチ:「白雷」=ステージ半(5キャラ分)縦に範囲が広い、貫通性能あり。「蒼火墜」=最端(10キャラ分)画面全体まで行き渡る

最大約 47Hit 48ダメージ

■超必B 霊圧3限定 「袖白雪(そでのしらゆき)」 地上 →←↓→

自分を中心に縦範囲無限の氷の領域を作る
触れた相手は凍結状態になる
効果範囲が広く、技の発動から終了まで自分が無敵状態になるのが利点

リーチ:周囲に3キャラ分、縦範囲は無限
持久時間:4秒

最大 32Hit 101ダメージ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。