ニンテンドーDS用ソフト「BLEACH DS 蒼天に駆ける運命」の攻略まとめサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東仙要(技)
東仙要(性能/画像)

■空中コンボ(エリアル)

①-①密着状態
履大→J小×N→J中→(Jキャンセル)J小×N→J中→必B「清虫二式 紅飛蝗」小

最大 17Hit 28ダメージ(霊圧上昇は②-①より劣る)

①-②瞬歩を挟む場合
履大→J小×N→J中→(Jキャンセル)J小×N→J中→[(上瞬歩)J小×2→J中]×霊力中枠→
必B「清虫二式 紅飛蝗」小

最大 26Hit 35ダメージ(①-①より最大7ダメージ増加)

②-①間合いが離れている場合
履大→J小→J中→(Jキャンセル)J小→J中→必D「連突」小

最大 13Hit 29ダメージ

②-②瞬歩を挟む場合
エリアル①-②(締め=J小→J中→必D「連突」小(ボタン押し続け)

最大 36Hit 43ダメージ(②-①より最大14ダメージ増加)

③FA(ファーストアタック)獲得時
エリアル①-②(締め=超必A「紅飛蝗 蓮華旋」)

最大 162Hit 61ダメージ

■基本コンボ

①画面中央~自分が壁際
履小→(密着状態では、「履中」を入れる)→履大→必C「諸手突」小→
(壁バウンド後)必C「諸手突」小(自分が壁際なら「中」)→
(壁バウンド後)履小(必C「諸手突」小の場合はシビア)→履大→エリアル①-②or②-②

最大 41Hit 62ダメージ(締め=エリアル②-②)

②ネタコンボ
必C「諸手突」RF×3(3発目は、状況によりコマンド逆向き)

最大 15Hit 40ダメージ(壁バウンド後、追撃が可能)


立小→立中→必B「清虫二式 紅飛蝗」小→(先行入力)必C「諸手突」中→
(壁バウンド後、間合いによりダッシュ)履小→履大→エリアル①-②or②-②

最大 48Hit 56ダメージ(締め=エリアル②-②)

④斜め上瞬歩を挟んだ攻撃(簡易版、背の低い相手には「J中」が当たり難く「立小」「立中」がHitしない)
(空中ダッシュor斜め上瞬歩)J中→J大→[ダッシュ立小→立中→(斜め上瞬歩)J中→J大]×霊力中枠→
ダッシュ立小→立中→履大→エリアル①-①or②-①

最大 29Hit 54ダメージ(締め=エリアル②-①)

■「投げ」からの追撃

①壁際
投げ→超必A「紅飛蝗 蓮華旋」or超必B「清虫終式・閻魔蟋蟀」(DC不可)

最大 146Hit 44ダメージ(締め=超必A「紅飛蝗 蓮華旋」)

②壁際~画面中央
投げ→(間合いによりダッシュ)履小→履大→エリアル①-②or②-②

最大 37Hit 47ダメージ(締め=エリアル②-②)

③自分が壁際(自分が最端or背の低いキャラには必C「諸手突」中がHitしない)
(空間の広い方へ)投げ→必C「諸手突」中or必B「清虫二式 紅飛蝗」中

3Hit 17ダメージ(締め=必C「諸手突」中、更に追撃が可能)
最大 10Hit 17ダメージ(締め=必B「清虫二式 紅飛蝗」中)
スポンサーサイト
東仙要(技)
東仙要(コンボ)

【卍解「清虫終式・閻魔蟋蟀(すずむしついしき・えんまこおろぎ)」】 【裏切りの東仙】
卍解「清虫終式・閻魔蟋蟀(すずむしついしき・えんまこおろぎ)」裏切りの東仙

■性能
「斬る」より「突き」を使用した攻撃方法が多く、横にリーチが長い。
その反面、縦にリーチが乏しい事もあり、背の低いキャラには苦戦する。
超必殺技の使い勝手が悪く、コンボを組み立てないとダメージ不足に陥りやすい。

相手を麻痺状態にさせたり、辺り一面を暗闇状態にしたりと一風変わった面を持つ。

■ダメージ表
投げ=10+壁に叩きつける
立小=2、立中=6、立大=8
履小=2、履中=6、履大=8+エリアル始動技
J小=2、J中=6、J大=8

■戦術
必B「清虫二式 紅飛蝗」小で牽制した後、それを追い駆けるようにして攻めると動きやすい。

通常攻撃のリーチが長く、特に「小攻撃」は先制を取りやすい。
「立小」「立中」は履状態の相手にはHitしないので、その場合は履攻撃を使用する。

「J中」は下にリーチが狭く、中段崩しに使用する場合は低めに狙う必要がある。

相手を「履大」で浮かせた後は、間合いにより必C「諸手突」小が繋がる。
その後、間合いが離れている場合は更に必C「諸手突」中が繋がる。
ダメージ不足に陥りやすい「東仙要」にとって、ダメージ源となるコンボ。

エリアル時は、
①密着状態=J小の回数を増やし、締めに必B「清虫二式 紅飛蝗」小
②間合いが離れている場合=J小の回数を減らし、締めに必D「連突」小
で、最大限のダメージ量を相手に与える事が出来る。

必A「鳴け 清虫」は見切られると隙が出来るので、相手が喰らわないようなら使用しないが吉。

霊圧は全てDCに回すか、4人戦の場合は超必B「清虫終式・閻魔蟋蟀」に費やすと自分が盛り上がる。

■対:東仙要
相手が上級者でなければ、脅威には感じないキャラクター。
エリアルが相手のダメージ源となるので、浮かされた場合は積極的にDCを使用すると吉。

超必B「清虫終式・閻魔蟋蟀」で暗闇状態にされた場合は、範囲攻撃や自動追尾技が有効。
空中に逃げるのも有効だが、必A「鳴け 清虫」が飛んでくる事もあるので注意。

4人戦では必A「鳴け 清虫」の貫通性能が厄介。
東仙要(性能/画像)
東仙要(コンボ)

【必殺技】

■必A「鳴け 清虫(なけ すずむし)」 地上 ↓↓

自分の周囲に音波を飛ばす
音波に触れた相手は麻痺する
麻痺状態の相手に当てるとダウンさせる
小、中で技の性能の変化は無い

リーチ(周囲):小=中=3キャラ分、RF=6キャラ分
縦に範囲が広い(RFは更に延びる)
貫通性能あり

小=中=RF= 1Hit 6ダメージで均一

■必B「清虫二式 紅飛蝗(すずむしにしき べにひこう)」 地上 空中 ↓→

飛び道具系
前方に刀の「刃」を飛ばす
リーチが長く、隙も少ないので非常に優秀な飛び道具
エリアルの締めにも使用する

リーチ:小=中=RF=最端(10キャラ分)
弾速:小=遅い、中=RF=早い
空中使用時方向:小=前方、中=RF=斜め下

小=中=最大 8Hit 7ダメージ
RF=(最大 16Hit 14ダメージ)中→小と、「刃」を続けて飛ばす

■必C「諸手突(もろてづき)」 地上 ←↓→

突進して突きを繰り出す
技を喰らった相手は壁際まで吹き飛ばされる
壁バウンド後、追撃が可能

リーチ:小=3キャラ分、中=RF=7キャラ分

小=(最大 1Hit 8ダメージ)出が早く 硬直が長い
中=(最大 1Hit 8ダメージ)出が遅く 硬直が短い
RF=(最大 5Hit 15ダメージ)出が早く 硬直も短い

■必D「連突(れんとつ)」 地上 空中 ↓↑

前方に突きの残像を繰り出す
ボタンを押し続けると効果時間が延びる
エリアルの締めにも使用できるが、密着状態では必B「清虫二式 紅飛蝗」より威力が劣る
小、中で技の性能の変化は無い

小=中=最大 14Hit 12ダメージ
RF=(最大 23Hit 18ダメージ)残像が増える

■必E「閃撃(せんげき)」 地上 →↓→

前方に瞬間移動しながら攻撃する
リーチが長く、隙も少ないので使いやすいが、使用する場面は限られている

リーチ:小=ステージ半(5キャラ分)、中=6キャラ分、RF=7キャラ分

小=中=最大 9Hit 11ダメージ
RF=(最大 14Hit 15ダメージ)追撃が可能(エリアルで追撃する場合は、タイミングがシビアで途切れる事が多い)

【超必殺技】

■超必A「紅飛蝗 蓮華旋(べにひこう れんかせん)」 地上 空中 ↓→↓→

飛び道具系
必B「清虫二式 紅飛蝗」の強化版
前方に「清虫二式 紅飛蝗」を連続で撃ち続ける(計18発)
空中使用時は後退しながら斜め下に向かって放つ
技の使用時間が長く、回避されると隙が出来る
エリアルの締めにも使用する

リーチ:最端(10キャラ分)、画面全体まで行き渡る

最大 144Hit! 35ダメージ

■超必B 霊圧3限定 卍解「清虫終式・閻魔蟋蟀(すずむしついしき・えんまこおろぎ)」 地上 →←↓→

「清虫」の卍解
一定時間、自分以外を暗闇状態にする
暗闇状態の相手は視界と聴覚が麻痺する(目が見えなくなる、音が聞こえなくなる)
更に、DCが出来なくなる(但し、必殺技にはDCが通用する)
「卍解」中はコンボ補正が無くなり、ダメージ量が増加する
「卍解」終了後に隙が出来るので、終了間際は相手と距離を置くなどの措置が必要

「卍解」時間:約15秒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。